ホーム / ニュース

現在,中国の1,4‐ブタンジオール(bdo)産業は,急速な発展の段階にある。中国の豊富な石炭と少ない油の特性に従って,石炭化学工業が原料として製造したアセチレンやホルムアルデヒドを用いた改良アルカンアルデヒド法(修正reppe法)によるbdo生産は,bdo工業の開発動向である。近年、中国において新規に構築され、計画されているBDOユニットの大部分は、このプロセスルートを採用している。すなわち、アセチレンとホルムアルデヒドは触媒の存在下で1,4−ブチネジオールを合成し反応し、水素化してBDOを形成する。この過程の中心は塩基性炭酸銅触媒を用いた1,4‐ブチネジオールの合成である。しかしながら、改良されたアルキアルデヒドプロセスのコア技術は外国の大企業によって独占されているため、国内で製造されているユニットが必要とする触媒は完全に輸入に頼り、高い触媒価格と長周期サイクルをもたらす。また、使用時の塩基性銅カーボネート触媒も、濾過不良、易損性、短命、高生産コストの問題を有している。